米肌はニキビ跡に効果なし!?実際に使ってみて体験してみた

ニキビ跡には様々なタイプがあります。

 

 

赤みを帯びたものや黒ずんでしまったもの、クレーター状になってしまったものなど人によって様々です。

 

そしてこのようなニキビ跡がなかなか綺麗にならずに悩んでいる方もいますが、実は米肌にはしつこいニキビ跡を改善する効果があります。

 

 
米肌とはライスパワーNo.11をたっぷり配合したスキンケアです。

 

ライスパワーNo.11とは自ら保湿する力を高めることのできる成分です。

 

 

人の肌には元々高い保水力・保湿力がありますが、加齢により保湿成分が減少するため、歳をとるとハリや潤いが失われていくのです。

 

 

そんな肌内部の保湿成分のひとつがセラミドです。

 

 

セラミドは肌細胞の間に存在し、水分を蓄えることで細胞間の隙間を埋めて、刺激を受けにくいハリ肌にしているのです。

 

 

しかし、この成分は加齢とともに減少してしまうため、細胞間に隙間ができて、乾燥して刺激に弱い肌になってしまうのです。

 

 

そして、実はニキビ跡もこのような刺激に弱い状態になっています。

 

 

潤いがないため肌は綺麗になりにくく、ハリが出ないためクレーター状の跡も治りにくいのです。

 

しかし、ライスパワーNo.11には肌自体の保湿力を高め、減少したセラミドを産生する効果があります。

 

 

そのため米肌を使い続けることで乾燥がちな肌質を改善し、セラミドの増加によりハリのある肌にすることができます。

 

 

するとニキビ跡による凸凹を改善することができます。

 

 

また、キメが整うことで刺激を受けにくい健康な肌状態になります。

 

 

すると肌のターンオーバーも整うため、色素沈着によるニキビ跡も改善しやすくなるのです。

 

 
このように米肌に含まれるライスパワーNo.11には保湿効果が高く、肌内部の保湿成分であるセラミドの産生をサポートする効果があります。

 

 

それにより乾燥して刺激に弱い肌質を改善することができるので、なかなか治らないニキビ跡や乾燥肌に悩んでいる方にはおすすめのスキンケアです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA